脂肪を減らすメカニズム

0
     こんにちは〜

    今日はあいにくのですねぇ。この雨で桜が散ってしますのでしょうか・・・・

    春はあっという間に終りそうですね

    さて、春が終れば夏本番露出の夏に向けてダイエットを試みていらっしゃるかたは多いのではないでしょうか?

    にっくき脂肪を減らすメカニズムを十分に理解しながらダイエットを行えば相乗効果ですので是非参考にして下さい。

    最近のダイエットの考えは単に体重を減らすのでなく、脂肪を落とすことが重要です

    脂肪を減らす絶対条件は、食べ過ぎないことが基本ですが、それでも食べてしまった時はには、代謝酵素・補酵素・食物酵素を最大限に利用して、摂取したものをすべて消費することです


    脂肪のかたまり、例えばバターや牛乳を想像して下さい。これを消し去るには、電子レンジにかけたり、フライパンに載せて火にかければ溶けていきますよね。

    つまり溶かして燃やすということです

    これと同じことが体の中でも行われているのです。

    まず、「溶かす」ためには、リパーゼなどの消化酵素が使われます

    これは他にもさまざまな働きをする大切な酵素です。

    リパーゼをはじめとした酵素を働かせて、脂肪分解していくのですが、そのために有効な手段のひとつは、やはり運動と体温。

    運動で筋肉が動くことで血流が増え、体温が上がることによって脂肪は分解されやすい環境になります

    脂肪を燃やす役割を担うのは筋肉の細胞内にある、ミトコンドリア。
    ここまで脂肪の分解産物を届けないと燃やせませんが、脂肪のかたまりのままでは血管がつまってしまうため、いったんリパーゼなどの力を借りて溶かしてからミトコンドリアまで運ぶわけです


    運ぶ方法は、血流です。

    血流にのって脂肪燃焼工場である筋肉内のミトコンドリアまで行き、ミトコンドリアは酸素を利用して解けた脂肪を燃焼し、水とエネルギーを作り出すというメカニズムです

    溶かした脂肪を燃焼させるためには、血の巡りがよくないといけません。

    血の巡りが良くなければ代謝もアップし、体温が上がり、脂肪が燃えやすくなります。

    まさに温めて、流れやすくし、排出する好循環で、これがやせやすい体といえます。

    血の巡りをよくするには、食事や運動、エクササイズなどのほかに、リラックスするのも効果的です。

    ダイエットしてもなかなか効果が出ないと思っていらっしゃるかたは、体が冷えてしまっているのかもしれませんね

    運動する前に体をじっくり温めるようにして下さいね。

    森本



    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    profile

            

    links




    Facebook

    category

    archives

    search this site.

    mobile

    qrcode

    recent comment

    • テラヘルツ知ってる!?!?
      川瀬晃道
    • 年末年始太る前に先にケア ダイエット お腹バージョン
      ブラ ンドコピー激安楽天市場
    • 女子力アップ★ラジオ波フィシャル&金箔エステ 1万円キャンペーン★★
      sugiura
    • 私の好きな人・・・♪
      阪井
    • 私の好きな人・・・♪
      sugiura
    • 精神医療問題について考える・・・
      fd
    • 精神医療問題について考える・・・
      阪井
    • 精神医療問題について考える・・・
      そらち
    • 精神医療問題について考える・・・
      パープル
    • お盆休み〜in阿波踊り〜
      阪井

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM