「食欲の秋に太らないコツ」

0
    JUGEMテーマ:健康

     

    日本人でよかったなぁ、と思う瞬間、それは私は夏から秋にかけてのシーズンで、秋の食べものが美味しくなっていく瞬間です。
    そう、このシーズンはホント胃腸が美味しいものを求めます。

    でも太りたくない・・・全ての人が思っているんではないでしょうか?
    では、カロリーほぼ0の食品から摂り、それで食をある程度満たす作戦でこの秋冬はダイエット作戦いかがでしょうか??

    それが“食物繊維”です。
    食物繊維とは、大根・ごぼう・にんじん・長芋・こんにゃくいもなどの根野菜です。
    冬に美味しいものばかりです。
    あとは、りんご・みかんなどの果物、納豆・とろろ・オクラなどのネバネバ、わかめ・ひじきなどの海藻類に多く含まれます。

    食物繊維は、栄養素ではないので腸に入っても消化吸収されません。つまり、カロリーが“ほぼゼロ”です。
    たとえば、しらたきのカロリー表示などを見てみましょう。だいたい100gあたり5kcalくらいです。一膳のお米のごはんで240kcalですから、しらたきを100g食べてもその約1/50のカロリーしかありません。

    このように、限りなくカロリーゼロでありながら、食物繊維は腸の中で水を吸ってふくらみ、満腹感が得られます。

    さらに、一緒に食べた糖分やコレステロールを巻き込んで、便となって出て行ってくれます。そうすれば、摂取するカロリーの総量を減らすことができ、太りにくくなるのです。うどんやパスタ・白米などの炭水化物を食べる際に、野菜や雑穀などの食物繊維と一緒に食べると、太りにくいのはこのためなのです。

    秋には鍋が多くなりますね。このとき、シメのうどんや雑炊はやめて、しらたきにするのが“秋に太らないコツ”です。「ダイエットをしたいけど、どうしても空腹感に勝てない…。」という人は、このように食物繊維を多く食べる工夫をしましょう。

    だから、私はなべが好きなんです。特にかになべ。贅沢でしょっちゅう食べれませんが、まぁ、なんせおなべはお野菜を沢山摂取でき、これからの時期ほんとに身体も深部から温まりとてもお勧めだと思います。

    ですので、冷たい物を摂るより温かいものを摂って、内臓から活性させていくのが一番良いのです。

    満腹感ありながら太らない、満足できながら太らない、なんて最高でしょ!?
    〆ものだけは気をつけていただきたいですが。

    あとは食事時間だけ、遅くならないよう、くれぐれもお気をつけ下さいね。

    阪井


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    profile

            

    links




    Facebook

    category

    archives

    search this site.

    mobile

    qrcode

    recent comment

    • テラヘルツ知ってる!?!?
      川瀬晃道
    • 年末年始太る前に先にケア ダイエット お腹バージョン
      ブラ ンドコピー激安楽天市場
    • 女子力アップ★ラジオ波フィシャル&金箔エステ 1万円キャンペーン★★
      sugiura
    • 私の好きな人・・・♪
      阪井
    • 私の好きな人・・・♪
      sugiura
    • 精神医療問題について考える・・・
      fd
    • 精神医療問題について考える・・・
      阪井
    • 精神医療問題について考える・・・
      そらち
    • 精神医療問題について考える・・・
      パープル
    • お盆休み〜in阿波踊り〜
      阪井

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM